血圧を下げる食事|高血圧を改善したいあなたへ|健康は自分で取り戻す

高血圧を改善したいあなたへ|健康は自分で取り戻す

シニア女性

血圧を下げる食事

料理

心臓病や動脈硬化の原因に

数ある生活習慣病の中でも、高血圧症は深刻なものの1つです。高血圧はサイレント・キラーなどとも呼ばれ、目立った自覚症状がありません、しかし放置しておくと徐々に進行し、さまざまな疾患の原因となります。たとえば血圧が高い状態が続くとそれだけ心臓に負担がかかり、心筋梗塞などの発症リスクが高まります。また、血圧が高いとそれに耐えるため自然と血管の壁が厚くなってきます。その結果、動脈硬化を引き起こすおそれが出てきます。血圧を上げる要因にはストレス・喫煙・運動不足・偏った食生活などがあるとされています。中でも食生活は、血圧の変化に大きな影響を及ぼします。そこで、高血圧を改善するためには、まず、食生活の改善から始める必要があります。

まずは食生活の見直しから

高血圧の予防もしくは改善のため食生活を見直すにあたり、最も重要なのは食べ過ぎに注意することです。肥満と高血圧の間には密接な関係があるとされており、特に内臓肥満は血圧を上げる要因になることが分かっています。脂質や糖質の摂り過ぎに注意し、バランスのとれた食生活を心がけるようにします。また、塩分の摂り過ぎにも注意が必要です。これは、塩分=塩化ナトリウムを摂り過ぎると血液中のナトリウム濃度が高まり、これを薄めるために血流が増加してしまうためです。日本人の平均的な1日当たりの塩分摂取量は12〜13g程度ですが、高血圧を改善するためにはこれを半分程度に抑えるのが良いとされています。最近では塩分を控えながらも薄味にならないよう調製された専用の食事を宅配するサービスなどもあり、忙しい人などを中心に人気を呼んでいます。